女の人

50代に合う化粧品で若い子と勝負しよう!

美肌を保つための基礎知識

化粧水

美肌のためには、洗顔だけではなく保湿も重要です。特に洗顔の後は、肌に大切な油分も取り除かれますので、化粧水によって保湿する必要があります。美肌を持ち、それをキープしている人の多くは、何も特別なことをしているのではなく、洗顔とその後の化粧水という基本的なことをしっかりと継続して行っているといえます。

もっと読む

期待が高まる肌クリーム

肌の手入れ

近年注目される化粧品の1種に、幹細胞化粧品と呼ばれる種類が挙げられます。これは人間の体が元々持つ、幹細胞を活用したアンチエイジング目的の製品です。幹細胞は培養すると、成長や治癒能力を持つ豊富なタンパク質を分泌するとされます。これらを活用する事で、より効率的で安全なアンチエイジング効果が期待されます。

もっと読む

エイジングケアに重要

複数の基礎化粧品

マリンコラーゲンの力

50代ではシミやシワなど、年齢を重ねることで誰にでも現れる老いのサインよりも、ハリや弾力が低下することに難色が示されています。肌のみならず、関節や髪などにも関わるハリや弾力はケア次第で低下したり向上させることができ、その健康と美容に有効性のある成分がコラーゲンです。表皮・真皮・皮下組織の中でも、真皮がコラーゲンを独占した状態で占めており、線維状コラーゲンは網の目のように内側から肌を支え、ハリや弾力を保ってくれます。基礎化粧品にも含まれていますが、浸透性や吸収率の高さは海洋性コラーゲンが優れているため、50代以降の女性が化粧品を選ぶ際、海洋性で配合されているケア製品が効率的に作用します。基礎化粧品のみならず、海洋性コラーゲン配合のファンデーションや近年ではまつげ美容液にも配合されるなど、50代からのポイントにしたいパーツのハリや弾力にも働きかけられるのも特徴の1つです。

唇までケアを行う

老化を止めることは難しいものの、抗酸化力によって肌細胞を活性化させて若々しさをある程度の期間保つことは可能です。特に50代以降の年代では、老け顔に印象付けるシワに難色が示されています。目尻やほうれい線、額や首などのシワは目立ちやすく、エイジングケアに励む女性は少なくはないものの、意外と見落としがちなのは唇の縦ジワです。50代ではリップメイクを施す率も高く、また、血色を改善させるためにレッド系の口紅を選ぶ傾向にあります。視線も目立つ色身から口元に向きやすくなり、年齢がシワの刻まれ方から察っすることができるため、唇のシワ対策は必要です。近年、注目されている美容成分に抗酸化力のあるポリフェノールの1種のレスベラトロールが配合された化粧品が増えはじめており、もちろん、リップクリームにも応用されています。モイスチュアケアができる上、縦ジワをふっくらさせ、唇から若さを演出できるのが利点です。

全ての基礎化粧品を含んで

クリーム

毎日のスキンケアやメイクは、それなりの時間や手間もかかるため、忙しい人にとってはなかなか大変なことでもあります。そんな人たちから時短になると注目を集めているのが、オールインワンゲルです。スキンケアの基本となるアイテムを一つですべて統一しているため、とても便利です。

もっと読む